キヤノン製品をなるべく高値で中古カメラ買取してもらう方法

キヤノンの中古カメラ買取はどれだけの値が付くものなのでしょう。まずは相場を抑えてみたいと思います。デジタルカメラは高値が付きやすいカメラです。中でもプロも撮影機材として使用するデジタル一眼レフカメラは中古でもそれなりの価格が付きます。相場としては2万円から10万円程度となっており、30万円近くになるものもあります。ミラーレス一眼も根強い人気のあるカメラです。元々リーズナブルな価格帯の商品であることもあり、買取価格は1万円から2万円程度、高いものでは5万円程度です。コンデジの愛称で親しまれるコンパクトデジタルカメラはそれより少し下がって数千円から2万円程度となっています。フィルムカメラは買取価格の読めない商品です。状態に左右される部分が大きいこと、買取先によってかなり価格に差があることが主な要因です。キヤノンのフィルムカメラの場合、買取価格としては5000円から3万円程度が多いようです。

キヤノンの中古カメラ買取:デジタルカメラ編

相場価格が分かったところで、高く売るためにはどうすればいいのかについて考えていきます。キヤノンのデジタル一眼レフは人気があるため、買取先に困ることは無いでしょう。実際の買取価格は機種によって変わりますので一概には言えませんが、上級者向けの高性能の機種や発売されて間もない機種は高く買い取られる傾向にあります。デジタル一眼レフ、ミラーレス一眼レフ、コンデジなどのデジタルカメラは商品の入れ替わりのスパンも早いため、売ろうと思い立ったら出来るだけ早めに実行するのが吉です。出来ればリサイクルショップなどではなく、中古カメラ買取専門のショップに持ち込んでみましょう。きちんと価値を知っているプロが査定してくれます。また、カメラやレンズはまとめて売りに出すことで価格が釣り上がることがあります。バッテリーなどの付属品も出来るだけ揃えて持ち込みましょう。

キヤノンの中古カメラ買取:フィルムカメラ編

最後に価格の読みにくいキヤノンのフィルムカメラについてです。フィルムカメラはどうしても古くなってしまうため、状態が良くないものも多く、買取側も高値を付けにくいという事情があります。さらにフィルムカメラはデジタルカメラに比べて需要も少なめです。リサイクルショップの中古カメラ買取などでは残念ながら価格が付かないことも有り得ます。しかしそこで価値がないのだと諦めてしまうことはありません。見識のある人が見れば数千円から数万円の価格が付く可能性もあります。デジタルカメラ同様、可能な限りカメラ専門店で査定してもらうのがよいでしょう。買取価格に納得出来なければ、オークションサイトやフリマサイトで売るのもいいかもしれません。必ず買い手が付くとは限りませんが、自分で値段を設定出来るため、高値で売れる可能性も無きにしもあらずと言えます。